平和ということについて

今日は終戦記念日。

私はもちろんリアルタイムで戦争を知ってるわけでは

ありませんが

実家には祖父の兵隊姿の写真があったり、

祖父が戦争から持ち帰った薬莢付きの弾丸2発が

神棚に飾ってあったり(笑)、と

少し戦争というものを感じる環境にありました。


昨今テレビを観ても太平洋戦争やその終戦の模様や

かつて日本も戦争してたんだよ、という報道が

年々少なくなってゆく気がするのは

私だけでしょうか?


今のこの日本の平和は

かつて戦争で辛い思いをし、悲惨な目にあい

そうした人々の思いが築き上げたのだとすれば

戦争を体験した方々が年々少なくなってゆく昨今

この先、私たちの子供たちや孫たち、さらにその先の

子孫たちに、平和な日本を引き継ぐために

戦争を知らない私たちは

何をどう語り継ぐのでしょう?


ちょっと心配になってしまいますね。

若い皆さんはどう考えているのだろう?

私が心配してもどーなるものでもないのですが。


平和は、当たり前にもたらされたのではなく

国民の思いと努力で成り立っている


終戦の日に、ガラにもなく

考えてしまいました。




たち あきら の公式ホームページ『涙と笑いとそして歌』

たち あきら 公式ホームページ 『涙と笑いとそして歌』 (写真はあくまでもイメージです) シンガーソングライターのような者です。 ライブのMCみたいな世間話的なブログと フォーク、ニューミュージック的なサウンドのオリジナル曲をお楽しみください。

0コメント

  • 1000 / 1000