私はかつて、プロレスラーになりたかった

もう、だいぶいいトシになり

いまさらなのですが

私はかつてプロレスラーになりたかったのです。


小学校4年生のころにみたプロレス中継で

すっかりプロレスの魅力に取り付かれ

5年生のころには、かなり本気で目指すようになりました。


が、そこは田舎の小学生。

プロレスラーになるための術も知らず

とりあえず山田隆氏(プロレス評論家)著の「続プロレス入門」という本に

トレーニングの様子が書かれていたので

スクワットのまね事などしました。


ボディースラムには腕力が必要と考え、家にあった10Kgの

コメ袋をむやみに持ち上げたりもしました。


技の練習をしようにも相手がいないので

丸めた敷布団を相手にタックルの練習もしました。


部屋には勝手に師と仰いだ力道山(ふる~)の

ピンナップを月刊ゴングから切り取って貼りました。


中学生になり、プロレスラーになるには身長の規定があると知り

背が伸びる体操の本を、怪しいなと思いながらも

少年マガジンの通販で買い、ちょっと実践しました。

中学卒業までに身長180cmにしてそのまま入門する予定でしたが


1.中学の三年間で20cmも身長が伸びるかの疑問が発生した

2.中学生になってトレーニングが単調に思え、飽きてきた

3.好きな女の子ができ、その娘がプロレス嫌いであることが判明した

4.友人と体育の時間にふざけて格闘したら、かなりしんどいことがわかった

などの諸事情により、計画はあっけなく頓挫しました。

とくに3番の影響は大きかったと思います。


もはや人生の後半を生きている私ですが

プロレスラーにならなくて本当によかったと思っています。

あんなにきつくて、痛くて、危険と隣り合わせの職業、

とてもグータラな自分に務まるとは思えず


そう考えるとプロレスラーの皆さんってすごいなーと

尊敬してしまいます。

プロレスラーの皆さん、けがに気を付け

これからも我々を楽しませてください。


ガチガチの格闘技もいいですが

私はエンターテイメントとしての

プロレスの方が好きです。

頑張れ、すべてのプロレスラー!!





たち あきら の公式ホームページ『涙と笑いとそして歌』

たち あきら 公式ホームページ 『涙と笑いとそして歌』 (写真はあくまでもイメージです) シンガーソングライターのような者です。 ライブのMCみたいな世間話的なブログと フォーク、ニューミュージック的なサウンドのオリジナル曲をお楽しみください。

0コメント

  • 1000 / 1000