眼科の老夫婦

コンタクトレンズを常用しているので

定期検診を受けに眼科へ行った時のことです。


受付で私の前には80代とみられるご夫婦が。

ご主人の方は昔の男性によくあるタイプで

すべて奥さん任せ。

受付の人に症状を説明するときも奥さんが

「昨日から左目が見えづらくて。そうですよね、お父さん?」

「うむ」

といった具合。


渡された問診票も奥さんが読み上げ、ご主人は

「そう」とか「違う」とか言うだけで

記入も奥さんがなさってました。


視力検査に呼ばれても当然ご一緒でした。

検査するご主人の後ろに奥さん座って

しばらく見ておられてたのですが

耳を澄ましていると、小さい声で

「みぎ」とか「うえ」とか言ってるようです。


そう、奥さんはあの「C」とかの空いてる位置を

ご主人にこっそり教えていたのですね。


さすがに係の人に「奥さん、教えないで(笑)」

と注意されてましたが、後ろで見ていて

ほほえましいやら可笑しいやらで

気持ちがほっこりしました。


今の時代にはそぐわないかもしれませんが

あのご夫婦はあれで幸せなのかもしれませんね。




たち あきら の公式ホームページ『涙と笑いとそして歌』

たち あきら 公式ホームページ 『涙と笑いとそして歌』 (写真はあくまでもイメージです) シンガーソングライターのような者です。 ライブのMCみたいな世間話的なブログと フォーク、ニューミュージック的なサウンドのオリジナル曲をお楽しみください。

0コメント

  • 1000 / 1000