水島新司さんのこと

漫画家の水島新司さんが亡くなったとのこと。

ご冥福をお祈り申し上げます。


初期の「あぶさん」が大好きでした。

それまでの野球漫画のような

絶対的なエースや4番打者でなく

代打要員の選手が主人公という

視点の目新しさ。


それも、常に活躍するわけでなく

凡退したり、スランプに陥ったり

果ては二軍に落とされたり・・・。


選手というより人としての苦悩や

這い上がること、あきらめないこと、

支えてくれる裏方の人たち、

志半ばにして引退してゆく仲間への思い

などが描かれていましたっけ。


水島新司さんご自身も貧しい少年時代を

過ごされた故か、作品の根底にはいつも

豊かでない人たちへの励ましや

挫折した人へ向けた「頑張れ」の

メッセージが込められていたような気がします。


大学生のころ、

二日酔いでホームランを打つ景浦安武をマネて

朝8時まで友人と日本酒を呑んでべろべろの状態で

国分寺のバッティングセンターに出向き

係の人に「危険だから」と止められた上に

「若いくせに朝からなにをやっとる」と

説教されたことを思い出します。


あの時のおじさん、お元気でしょうか。

その節はご迷惑をおかけしました。


水島新司さん、ありがとうございました。






たち あきら の公式ホームページ『涙と笑いとそして歌』

たち あきら 公式ホームページ 『涙と笑いとそして歌』 (写真はあくまでもイメージです) シンガーソングライターのような者です。 ライブのMCみたいな世間話的なブログと フォーク、ニューミュージック的なサウンドのオリジナル曲をお楽しみください。

0コメント

  • 1000 / 1000