ARIA のフラットマンドリン

今回は楽器のご紹介です。

 ARIA のフラットマンドリン、ピックアップ付きです。 


 何で買ったのか覚えてません!! 

 ライブでもほとんど出番ありません!! 


 メンバーの一人が演歌調の曲を作ったので 

ライブでやる際に、ここぞとばかり伴奏で使いました。


 あと、別のメンバーがやはりライブで かぐや姫の

「面影色の空」をやったときにも伴奏で使いました。 

 以外、出番な~し。 


 指板が小さいのでコードを押さえるのが大変で、 

 コードもギターとは違うので 5~6個しか覚えてません。 

 難しいコードが多発するキーのときは ギター用のカポタストを使って

 簡単なコードに変換しちゃいます。 


 おそらくマンドリンにカポタストを使うのは 

 日本中でも私だけでしょう!! 


 でも、なかなかいい音色ですよ。

演歌の伴奏ではトレモロ奏法をがんばりましたが 

 哀愁を帯びた音色がピッタリはまりました。 


 面影色の空ではトレモロ+ストロークでやりました。 

 軽やかな感じになって、これも合いました。 


 2万円くらいだったと記憶してますが なかなかの実力者ですね。 

 ピックアップ付きなのでライブでも楽々使えます。

 ただ、腕前は?なので音は小さめにしました(恥)。 


 前述の12弦ギターもそうですが、ライブでは ギター以外の楽器も入れて

お客さんを飽きさせないよう 工夫してやってます。


 次に考えているのは、行きつけのスナックのママさんに もらった

大正琴!! 

 マンドリンよりもさらに哀愁を帯びた音色で 

 これもピックアップ付きなのでライブで即戦力になりそう なのですが、

どんな曲に、どんな風に入れたらいいか わからず

悩んでいるところです。 


 これについては、また後日!!

たち あきら の公式ホームページ『涙と笑いとそして歌』

たち あきら 公式ホームページ 『涙と笑いとそして歌』 (写真はあくまでもイメージです) シンガーソングライターのような者です。 ライブのMCみたいな世間話的なブログと フォーク、ニューミュージック的なサウンドのオリジナル曲をお楽しみください。

0コメント

  • 1000 / 1000