ヤマハ サイレントギターの巻

もう一本、愛用のギターについて。

ヤマハのサイレントギターです。

買ったのはもうずいぶん前ですが、最初に楽器屋さんでみたときは

ただもー、びっくり!!

「なんだこれ? ギターなの? どんな音なの?」

じっと見てたら店員さんが「弾いてみませんか?」

で試奏させてもらいました。

共鳴胴がないので生音は評価に値せず。

アンプにつなぐとこれがなかなかの、い~い音。しかもリバーブ付き。

買わせるために、特にいいアンプを用意したのかもしれませんが

確かにアコギの音がします。

アンダーサドルピックアップ特有のちょっと詰まったような音。

ただ、共鳴胴がないので当然普通のアコギの胴鳴りはしません。

そこがちょっと寂しいところですが・・・。

でも、音の再現力はさすがヤマハと思わせるものがあります。

それまでヤマハのギターってビジュアル的に好きではなかったのですが

(ヤマハ好きの人、ごめんなさい)

ちょっと考えを改めた次第です。

ヤマハよ、悪かった、ごめん!!

ただ、以前アコースティック・ライブに使おうと思いリハーサルに持参したら

メンバーから「音は問題ないけど、ルックスがアコギと程遠い」

と意見されてあきらめ、それ以来自宅で練習専用になってしまいました。

が、こんなボディーなので取り回しが楽だし、少々ぶつけても気にならないし、

録音に使ってみると、いい音で録れるし、夜中に弾いてもメーワクにならないし。

で、結構重宝してます。

なお、以上は個人の感想です。

お買い求めの際は、ご自身での試奏をお勧めします。


たち あきら の公式ホームページ『涙と笑いとそして歌』

たち あきら 公式ホームページ 『涙と笑いとそして歌』 (写真はあくまでもイメージです) シンガーソングライターのような者です。 ライブのMCみたいな世間話的なブログと フォーク、ニューミュージック的なサウンドのオリジナル曲をお楽しみください。

0コメント

  • 1000 / 1000